インプラントの特徴を把握しよう!|デメリットを改善!

歯

虫歯と治療について

歯型

虫歯

ではなぜ歯磨きをしないと虫歯になるのでしょうか。その答えは歯垢にあります。歯垢とは、歯の細菌の代謝物であり、汚い言い方をすれば糞です。しかし、この糞の中にはひとすくいで数十億の有害な細菌が詰まっています。なぜ虫歯になるかについて話しましょう。まず、食べ物を食べると、食いカスが口の中にたまります。そしてその食いカスを元に口腔在中菌が群がり、食いカスを栄養に育ちます。その結果代謝物を発し、その代謝物が歯の表面に張り付きます。これが歯垢です。そして歯垢の中の菌は栄養を吸収し、分解するために酸性の物質を吐き出します。これが虫歯のもとです。
発された酸は歯の表面のエナメル質も溶かしてしまい、放置しておくと穴が空いてしまいます。そしてその穴の中に歯垢が侵入し、また酸を吐き出して…と言った具合にドンドンと穴を開け、最終的に歯神経に到達します。この時歯の痛みは最高潮になります。具体的に言うと、歯の神経に触れられたことのある人ならわかると思いますが、あれに似たような痛みが続くと言われています。そして最終的に歯神経も溶かされてしまい、歯が完全に虫歯に侵された結果、歯は抜け落ちます。これが虫歯です。虫歯には特効薬はなく、自然治癒もしません。なので穴が居てしまえばその穴を防ぐことは出来ないというわけです。つまり完治は不可能な厄介な病気であり、歯医者に言って虫歯治療をし、穴を塞がないとドンドンと歯垢が侵入してしまうんです。なので歯が痛い場合は早く歯医者に行きましょう。手遅れにならないうちに。

Copyright© 2016 インプラントの特徴を把握しよう!|デメリットを改善! All Rights Reserved.